21世紀のグローバルヘルスを先導する
ワールドプレミアム公衆衛生大学院の創成

概要

社会健康1グローバルヘルスの時代と呼ばれる21世紀に、我が国初の公衆衛生大学院として発足した社会健康医学系専攻は、集団の健康のみならず臨床医学の質的向上に貢献するNew Public Healthの拠点として、疫学はもとより、社会科学的方法を含む多様な方法論に基づく教育・研究に顕著な実績をあげると共に、他科との積極的な連携や国際共同学位プログラムの率先した導入により、教育・学位プログラムの学際化、国際化を積極的に推進しています。創設以来、多様な分野で活発な研究を展開し、英文論文数1800編、競争的資金獲得額160億円を超え、2つの国際研究センターが設置され、ワールドヘルスサミット国際執行組織の執行部に選ばれるなど、高い国際的知名度を誇ります。

本事業における取組

・取組の特色

社会健康2国際化推進室を設置して、教育プログラムの学際化・国際化(英語化、学際科目創設、国際単位互換等)、学位プログラムの国際化を強力に推進すると共に、将来の国際共同研究の発展に資するために、若手研究者に焦点化した国際交流を行います

・海外大学との連携

既にダブルディグリープログラムを実施しているチュラロンコン大学、マラヤ大学、国立台湾大学に加え、今後、マヒドン大学へ拡大する予定です。

・これまでの実績

社会健康3(1) 国際化推進室を設置し、必修科目、一部選択科目の教育資材、及びホームページを英語化し、英語による教育・広報体制を前進させました。
(2) 2015年以来、台湾、ASEAN、英国の有名な公衆衛生系大学院との国際会議Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchersの開催を含め、連携海外大学との間で、活発な交流を行いました(招聘:院生52人、教員48人、派遣:院生39人、教員12人)。

ウェブサイト

社会健康医学分野ウェブサイトはこちら