深くかつ広い視野と国際性に基づく
世界的レベルの実力をもつ化学研究者・技術者の養成

概要

化学系写真化学分野を構成する工学研究科化学系6専攻は分子レベルの理論的解析から地球規模の環境、エネルギー問題の対応までを含む、非常に幅広い教育・研究を実施する世界的に見ても最大規模の化学系大学院組織であり、180名を超える教員を擁しています。本分野では当化学系の持つ特徴を最大限に生かし、専攻の枠を超えて構成員が連携し、さらに海外連携大学教員と協力して教育に当たることにより、深くかつ広い視野と同時に国際性を有する研究者・技術者を養成します。また当化学系からはノーベル化学賞(福井謙一、野依良治)、フンボルト賞(檜山爲次郎、北川進、吉田潤一、村上正浩)を始めとする顕著な国際賞のみならず、現職教授が数多くの世界的な賞を受賞しています。

本事業における取組

・取組の特色

博士後期課程では、海外連携大学教員による集中講義科目を含め、すべてを英語で開講する教育プログラムを開設します。また、海外連携大学における研究型インターンシップの実施、海外連携大学教員との学位論文の共同指導に加え、国際ワークショップや国際学生ワークショップの開催により、研究情報の国内外への発信と、学生・研究者の国際化、研究・教育力のさらなる向上を図ります。化学2

・海外大学との連携

マサチューセッツ工科大学(MIT)などの世界的水準の教員招聘による講義、セミナー、研究指導の実施および同研究室への学生派遣による研究型インターンシップ、若手教員派遣による教育研修などを実施しています。

・これまでの実績

化学3

平成27年度より「プレスーパーグローバルコース」、さらに28年度からスーパーグローバルコースを設置し、以下の取組みを行いました。

  • MITをはじめとする海外大学から著名な教員を招へい、単位認定講義やセミナーの開催を行うとともに、11名の学生の研究指導にあたった。
  • 7名の学生をMIT、ミシガン大学、ケンブリッジ大学へ最長12ヶ月派遣
  • これまでに7回の国際ワークショップ及び6回の学生主催国際ワークショップを開催している。
  • MOOCs「極限環境の生命:微生物とその多様性」「確率過程:データ解析とコンピュータシミュレーション」を配信して各回平均120ヵ国からの受講者があり、これまでに800名の修了者が出ている。

ウェブサイト

化学分野ウェブサイトはこちら